昭和2年から今日まで

昭和2年よりこれまで四国中央市を中心に地元から御贔屓を賜り、石井建設、おかげさまで今日までを迎えることができました。弊社に工事を依頼してくださるお施主様と協力して頂ける各種業者様のご支援の賜物と深謝申し上げます。


時代は常に移り変わり、住宅においても仕様・規格・基準など大きく様変わりしました。従来の工法だけでは現在の規制に答えられない現状があります。建築に携わる者には日夜技術を磨いてゆく覚悟が求められる様です。地球温暖化が叫ばれ「エネルギーコストを抑制する」ことが建築においても重要なテーマになりました。これまで培った経験を元に石井建設では、省エネルギーひいては光熱費の抑えられる家を追求した建築を提案してゆきたいと考えております。


略歴:

昭和02年04月01日   建築請負業を始める
昭和49年11月06日   石井建設株式会社を設立(資本金500万円)
昭和50年04月16日   建築工事業 愛媛県知事許可(般-50)第3875号
昭和56年04月16日   土木、舗装工事業 愛媛県知事許可(般-56)第3875号(業種追加)
昭和57年09月29日   資本金1,000万円に増資
昭和63年03月15日   水道施設工事業 愛媛県知事許可(般-62)第3875号(業種追加)
平成07年03月28日   資本金4,800万円に増資
平成22年04月01日   || 石井建設の高断熱・高気密の住宅 ||の提案開始



歴史